宮城県の情報

【速報】藤崎が建て替えを計画中!さらに!アーケードを含む一番町3丁目の再開発計画が開始!

投稿日:

 【a】Uber Eats オーダープログラム

こんにちは、イートマップ仙台です。

市民に親しまれている藤崎。
なんとこの藤崎を含む、仙台・一番町3丁目の再開発計画が始動しているとの情報をキャッチ。

どういった内容なのか、概要をまとめていきます。

引用:藤崎

藤崎を含む、仙台・一番町3丁目の再開発が始動

なんでも、藤崎本館を含む、仙台市青葉区一番町3丁目周辺ビルの再開発を進めることになったようです。

 一番町三丁目おおまち南地区市街地再開発事業事業協力者の公募開始について

弊社が事務局支援を受託している一番町三丁目おおまち南地区再開発推進協議会におい
て、再開発事業の実現へ向け、事業推進体制の強化、再開発事業に関する専門的ノウハウ
の活用を目的として、事業協力者の募集が開始されました。(事業提案方式)

【 事業概要 】
計画地 :仙台市青葉区一番町三丁目1番、2番 地内
地区面積: 約1.7ha
計画内容:市街地再開発事業による、商業・業務・複合交流拠点の整備

【 事業協力者の選定スケジュール 】
・募集要項の配布       7月8日(水)~7月15日(水)
・応募登録書受付締切     7月29日(水)
・提案書提出締切       8月20日(木)
・優先交渉権者決定      9月
・事業支援に関する協定書締結 9月~10月
【 事業協力提案の内容 】
1.事業推進支援・事務局支援についての提案
2.計画作成についての意見・提案
3.保留床処分に関する提案
【 応募要件 】
1.総合建設業者。(単独企業での応募に限る。)
2.過去10年以内に市街地再開発事業の参画実績(事業協力者、一般・特定業務代行者、
特定建築者)を有する者。
3.中心市街地において大規模な複合用途施設(延床面積5万㎡以上)の設計又は施工の
受注実績を有する者。
4.その他、募集要項に定める要件を満たす者。
【 募集要項の入手方法 】
希望者は、様式データを下記より入手し、受付期間までに必要書類を募集事務局へ郵送
にてご提出ください。詳細につきましては概要をご確認ください。

必要書類:募集要項送付依頼書、秘密保持誓約書 (各1部)
受付期間:令和2年7月8日(水)から7月15日(水)まで

【 問合せ先・書類等提出先 】
(事業協力者募集事務局) 株式会社 都市デザイン (担当:山田・浜野)
住  所:〒102-0076 東京都千代田区五番町2-17
電話番号:03-3261-9570
E-mail :proposal@toshidesign.co.jp

引用:株式会社 都市デザイン

文章によれば、地権者で作る「一番町三丁目おおまち南地区再開発推進協議会」が、藤崎本館の建て替えを含めた、周辺ビルなどの市街地再開発を計画しているとのこと。
現在、具体的な計画を作るために、事業協力者の募集を始めているようです。

再開発予定はどこなの?

青葉通り沿いの藤崎本館を含む一番町地区。
南側は青葉通り側、北側はアーケードに面する1万7000平方メートルとのこと。

募集要項は7月8日から配布されています。
応募の締め切りは7月29日までで、9月に事業協力者が決定するようです。
仙台中心部の再開発事業では最大となる約1万7000平方メートルの整備とのことで、かなり大掛かりな計画になりそうです。

どのような事業計画なの?

メインは藤崎の本館の建て替えのようです。
他にも該当エリアに商業施設やオフィスビルが入る複合交流拠点を整備予定のようです。

藤崎がどのように生まれ変わるのか。
どういった施設が新しくできるのか、また、既存の店舗はどうなるのか?
とても気になる計画なので、続報がありましたら、また改めてお伝えしていきます。

  • この記事を書いた人

イートマップ仙台

イートマップ仙台では、宮城県内のイベント情報やグルメ情報、新店舗情報、飲食店レビューなど、様々な情報を発信しています。 皆様からの情報提供も随時募集しています。

-宮城県の情報

Copyright © イートマップ仙台, 2019~2020 All Rights Reserved