宮城県の情報

八木山動物公園で飼育していた国内最高齢のホッキョクグマが亡くなったみたい。

こんにちは、イートマップ仙台です。

八木山動物公園フジサキの杜で飼育していた、国内最高齢のホッキョクグマ『ナナ』が2021年1月24日に亡くなりました。

年齢は36歳でした。

ホッキョクグマのナナが亡くなりました

ホッキョクグマ『ナナ』は昭和60年に来園。

長い間来園者の人気者でした。

ホッキョクグマの平均寿命は~25~30歳で、36歳は人間でいうと100歳以上に当たるそうです。

愛称:ナナ
性別:メス
生年月日:昭和59年12月15日
来園年月日:昭和60年9月6日
死亡原因:肝臓がん

八木山動物公園フジサキの杜では感謝を伝えるため、1月26日からホッキョクグマ小放飼場観覧通路に、献花台とメッセージノートを設置するとのことです。

献花台とメッセージノートの設置について

日時 1月26日(火曜日)9時から
場所 ホッキョクグマ小放飼場観覧通路

お問い合わせ

建設局 八木山動物公園 飼育展示課
仙台市太白区八木山本町1丁目43
電話022-229-0122

 

国内最高齢のホッキョクグマだったんですね。

長い間お疲れ様でした。

献花台とメッセージノートは1月26日から設置するとのことなので、ナナに感謝の意を伝えにいきたいです。

  • この記事を書いた人

イートマップ仙台

イートマップ仙台では、宮城県内のイベント情報やグルメ情報、新店舗情報、飲食店レビューなど、様々な情報を発信しています。 皆様からの情報提供も随時募集しています。

-宮城県の情報

© 2021 イートマップ仙台 Powered by AFFINGER5