グルメ情報 新店・閉店情報

中華亭分店 五橋|伝統ラーメン店の分店が五橋に誕生!この味を待っていた!

投稿日:

ど~も、イートマップ仙台のはむぼーです。

オープンが延期になっていた『中華亭分店 五橋』が2020年10月27日、ついにオープンしました。

中華亭といえば白石に大正12年に創業した本店、蔵王に分店を構える歴史ある超有名店。

こちらの五橋は三号店で、蔵王の店主さんの息子さんがお店を切り盛りしているとのこと。

10月27日にオープンにあわせて、さっそくお邪魔してきましたよ

中華亭分店 五橋とは?

場所は仙台市青葉区五橋2丁目5−3。

ライオンズマンション片平キャンパス1Fにあります。

皆さん、待ちに待っていたようでお店の外には長蛇の列が。

店内の様子

店内はテーブル席とカウンター席があります。

テーブル、カウンター共に席の間に仕切りのボードが設置されていました。

入店時には食券購入前にアルコールによる消毒を行います。コロナ対策バッチリですね。

アルコール消毒したら食券機で券を購入。

中華亭分店 五橋のメニュー

中華そば、メンマラーメン、チャーシューラーメン、メンマチャーシューラーメン、トッピング。

ちなみに麺は並盛り、大盛り、ダブル、トリプルで値段が異なります。

どれにしようかな〜。

今回は『中華そば並盛¥750』と『メンマチャーシュー並盛¥1050』にしよう!

店員さんに購入した食券を渡してしばし待機。

席からは厨房で働いてる方の様子が見え、ラーメンのいい香りが店中に漂っています。

実食!中華亭分店 五橋のラーメン

『中華そば並盛』を食べてみた感想

上にはメンマ、チャーシュー2枚、海苔ネギが乗ったザ・スタンダードなラーメン。

それではさっそくいただきます。

スープは鶏ガラメインで、豚骨ダシ、煮干し、サバをしようしたWスープ。

醤油ベースの定番町中華味がたまらない。

麺は並盛りだと160g。

低加水の中細ストレート麺は白石名産温麺にも使用される小麦を使用しており、パツッと歯切れがいいのが特徴。

最近凝ったラーメンが多いので、こういう定番中華そばという存在が逆に新鮮に感じます。

『メンマチャーシュー並盛』を食べてみた感想

まるでチャーシューの花が咲いたかのようなラーメン。

中華そばと比べるとチューシューとメンマがたっぷりと乗っています。

それではさっそくいただきます。

味は中華そばと一緒ですが、チャーシューが5枚も乗っているので、かなり食べ応えがあり、お腹いっぱいになります。

チャーシューは2ミリ位の厚さで、脂身の少ない噛み応えのあるチャーシュー。

メンマは柔らかくて、麺と一緒に味わうと旨味が増します。

スタンダードで優しく美味しい味わいに箸も止まらず一気に完食、ご馳走でした。

というわけで、10月27日にオープンした『中華亭分店 五橋』。

気になった方はぜひ足を運んでみてくださいね。

店舗詳細

店舗名:中華亭分店 五橋
住所:宮城県仙台市青葉区五橋2丁目5-3 ライオンズマンション片平キャンパス1F
営業時間:11:00〜14:30頃※材料なくなり次第終了
定休日:日曜、ほか臨時休業あり

  • この記事を書いた人

イートマップ仙台

イートマップ仙台では、宮城県内のイベント情報やグルメ情報、新店舗情報、飲食店レビューなど、様々な情報を発信しています。 皆様からの情報提供も随時募集しています。

-グルメ情報, 新店・閉店情報
-,

Copyright © イートマップ仙台, 2019~2020 All Rights Reserved