イベント情報

【貴重】6月21日は宮城でも見れる『部分日食』、今回を逃すと次回は10年後らしい!これは大事!

投稿日:

 【a】Uber Eats オーダープログラム

こんにちは、はむぼーです。

2020年6月21日(日)は月が太陽の一部を隠すという神秘的な現象『部分日食』を見ることができると言われています。

【貴重】6月21日は日本全国で部分日食、今回を逃すと次回は10年後‼︎

部分日食が見れるのはいつ?

6月21日の夕方に日本全国で部分日食が起こり、アフリカからアジアにかけて一部の地域では金環食がみられます。しかし、次に日本全国で部分食が起こるのは10年後の2030年6月1日。つまり、今回を逃すと子どもたちは大人になるまで、ほとんどの人が国内で日食を見ることができません。

国立天文台によると・・・。

仙台では、
部分日食の開始は16時12分05秒。
最大が17時07分09秒。
終わりが17時57分37秒とのことで、約2時間ほど、この部分日食の現象を確認することができるようです。

6月21日の夕方、日本全国で部分日食が起こります。アフリカからアジアにかけて一部の地域では金環食が起こりますが、日本では部分食となります。

日食とは、月が太陽の前を横切るため、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。

太陽は、たいへん強い光と熱を出している天体です。そのため、肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまいます。太陽が欠けていても、また、地平線に近づいて光が穏やかになったように感じても、光と熱が強烈であることには変わりません。安全な方法で観察しなければ、最悪の場合は失明する危険性があります。日食グラスなど専用の観察器具を正しく使って、安全な方法で観察してください。

引用:国立天文台

太陽はとても強い光を出している天体なので、たとえ短時間であっても、太陽を直接見ることで目を痛めてしまうということ。

日食を見るときに絶対にやってはいけないこと

  • 直接見る
  • 望遠鏡や双眼鏡からのぞいてみる
  • 色付きの半透明のものからのぞいてみる
  • サングラスやゴーグルでも太陽の光から目を守ることはできません

太陽を観察するためには、日食グラスを使用することで、安全に太陽を見ることができます。

また、国立天文台YouTubeにも安全に太陽を見る方法があるので、こちらを参考にするのも良さそうです。

とても貴重な現象なので、ぜひ観察したいのですが、観察する際には、決して目を痛めないように、安全な方法で観察するようにしましょう。

 

  • この記事を書いた人

イートマップ仙台

イートマップ仙台では、宮城県内のイベント情報やグルメ情報、新店舗情報、飲食店レビューなど、様々な情報を発信しています。 皆様からの情報提供も随時募集しています。

-イベント情報
-

Copyright © イートマップ仙台, 2019~2020 All Rights Reserved